Y38Design

プロダクトデザインをはじめとして、
Webデザイン、グラフィックデザインなどを手がけるデザイナーY38のサイトです。

illustratorで基準オブジェクトを動かさずに揃える

グラフィックデザイン, 未分類 2016年6月23日 木曜日 19:26:38

イラレで、ふたつのオブジェクトを揃えたい。
だけど、基準となるオブジェクトは動かしたく無い。
そんなことありませんか?


まず、普通に中心揃えしてみます。
例えばグリッド状に並んでいる四角。
このうちのひとつの中心に円を置きたい、とします。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.02.png
で、普通に揃えてみます。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.24.png
結果は、
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.33.png
そう、四角も動いて、それぞれの中間をとっていますね。
でも、四角は動かしたく無いんだ!ということもあります。
ただの四角ではなく、複雑なオブジェクトが、複雑かつ決めた配列で並んでいる時。
スマートガイドもうまく使えない時。
そんなときは、
ふたつのオブジェクトを選択して、
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.02.png
次に、動かしたく無いオブジェクトをもう一度クリックします。
すると、
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.44.png
もう一度クリックした四角の、オブジェクト境界線が太くなります。
そこで、改めて揃えます。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.50.png
すると、四角は動いてません。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.07.59.png
そのまま、縦方向も、
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.08.07.png
これも四角は動かず、円が中央にきました。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.08.13.png
ここでは例として、中心揃え、しかも簡単な四角と円、簡単な配列なので、
ぶっちゃけ、スマートガイドを使えばすみます。
ですが、もっと複雑な状況もあります。そんな場合だと、
・基準となるオブジェクトをコピペして揃えて、もとの場所にふたつを重ねて、コピペしたものを消す
・基準となるオブジェクトをコピペしてガイドにする
などの手法をとらないといけません。
無駄なコピペの手順や、いらないガイドが残ってしまったり、と不便ですね。
この手法は、中心だけでなく、上下左右、どこ揃えでも使えます。
例えば、「上にあるオブジェクトの下端」に、「下にあるオブジェクト」を揃える、
こともできます。
上に並んでいる四角の一番左を基準にして
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.36.21.png
下端揃え、
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.36.30.png
「上にある」四角の「下端」に「下にある」円の下端が揃いました。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.36.58.png
さらに、「左にある」四角の「右端」に揃えます
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.36.44.png
上下左右おかまいなしに、揃えてくれます。
20160623-スクリーンショット 2016-06-23 19.37.04.png
確か、illustrator ver.10くらいからある機能らしいのですが、
自分がこれを知って使い出したのはCS1を使っている頃からだったような。
ちょいちょい、便利な機能が追加されて、知らないことがまだあるんだろうなぁ、といつも思います。

Write comment